Top > 【素材別】乾物の保存方法 > ひじき・高野豆腐の保存

ひじき・高野豆腐の保存

●ひじき


きちんと湿気を防いで保存すれば

何年も品質を保って保存が可能なひじき。


選ぶ時は、色が黒くてツヤのあるものを。

くだけているものは避けるようにしましょう。


使う時は、水がきれいになるまで、

数回水を替えてもみ洗いしてから

たっぷりの水につけてもどします。


冷凍にする時は、煮物にしてからがオススメです!

ひじきをもどしたら、お好みに味つけして炒め煮に。


小分けにしてラップに包み、

冷凍用パックに入れて冷凍庫へ。


お弁当のおかずや、食卓のおかずにもう一品ほしい時など

冷凍庫からさっと取り出し、電子レンジでチンするだけでOK


●高野豆腐


高野豆腐は、キメが細かいものを選ぶようにします。

保存は常温か冷蔵庫で。


使う時は、つかるぐらいお湯をかけ、

落し蓋などでおさえて芯までやわらかくなるまでもどします。

お湯の温度は50ー60度が理想的。


もどした高野豆腐を両手をつかって挟み、

水が濁らなくなるまで流水で押し洗いしたら

軽く絞って水気を切ります。


高野豆腐も、干しシイタケ同様に調理したものを

冷凍するのが良いでしょう。


お好みに味をつけた汁に入れて煮たら、

そのまま煮汁につかった状態で冷まします。


冷めたら、軽く煮汁をきって、金属バットに並べ

ラップをして急速冷凍。

凍ったら冷凍パックに入れて冷凍保存します。


急速冷凍のひと手間で、旨味を逃がさず、

また、ひとつひとつがくっつかないので

使いたい分だけ取り出して使え、便利です。


レンジ解凍して、そのままいただけます。

【素材別】乾物の保存方法

ストックしておける便利な乾物ですが、
保存方法が悪いとせっかくの風味が落ちたり、
カビや虫が発生してしまいます。

特に開封してしまったものは、
上手な保存が鍵をにぎります!

素材別に保存方法を詳しく紹介していますので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

このカテゴリ内の記事

干しシイタケ・切干しダイコン
ひじき・高野豆腐の保存
のり・豆類の保存


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録