Top > 【素材別】乾物の保存方法 > のり・豆類の保存

のり・豆類の保存

●のり


のりは、缶やビンなどに入れ、

乾燥剤を入れて保存するようにしましょう。

湿気は禁物です。


頂き物などで、たくさんあり、すぐに使わないようなときは

冷凍保存してしまいましょう。

風味やパリパリ感を損ないません。


冷凍する時は、未開封の袋ごとでOK!


一袋にたくさん入っていたりする時は、

小分けにしてラップするか入っていたパックに戻し、

さらに冷凍パックに入れて保存しましょう。


缶ののりの場合、冷凍庫に入るようなら、缶ごと冷凍庫へ!

缶のフタがあかないように、テープなどでとめておくとGOOD!


解凍の際は、冷凍庫から出し、そのままの状態で

常温にもどるまで待つ事!!


冷凍庫から出してすぐに開封してしまうと、

冷凍庫内と室内の温度差で、湿気てしまいます(><;)


一度冷凍庫から出したのりは、冷凍庫へ戻さず

早めに使い切るようにしましょう。


●豆類


豆類を選ぶ時、中身が見える場合は、

粒のそろっているものを選ぶようにし、

虫食いなどがないかもチェックしましょう。


使う時は水洗いして、豆の3倍以上の水につけて

5ー6時間以上かけてもどします。

使う前日に水につけ、一晩おいてもいいぐらいですね。


もどすのに時間がかかる豆類ですので、

いっぺんにもどしたら、使わない分は小分けにして

冷凍保存しておきましょう。


冷凍する時は十分に水をきり、

冷凍用パックで保存しましょう。


味付けをしてから冷凍しておけば

自然解凍してそのままいただけます。

【素材別】乾物の保存方法

ストックしておける便利な乾物ですが、
保存方法が悪いとせっかくの風味が落ちたり、
カビや虫が発生してしまいます。

特に開封してしまったものは、
上手な保存が鍵をにぎります!

素材別に保存方法を詳しく紹介していますので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

このカテゴリ内の記事

干しシイタケ・切干しダイコン
ひじき・高野豆腐の保存
のり・豆類の保存


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録