Top > 料理別 調理方法のコツ > 肉の種類・形状別の焼き方

肉の種類・形状別の焼き方

肉の種類によって扱い方が違ってきますが、

どの場合も、調理前に常温に戻しておくことがポイントです。


肉を冷蔵庫から出したばかりの冷たいままだと、

焼けるまで時間がかかり、

せっかくのうまみが逃げてしまいます (>へ<)


●厚切りの肉はたたく!(牛肉・豚肉)


肉たたきやめん棒などでたたいて繊維をつぶし、

厚みを均一にするようにしながらやわらかくします。


●縮まないよう筋を切る(豚肉)


焼いた時に縮まないよう、脂肪と赤身の間の筋のところに、

包丁で何ヶ所か切り込みを入れましょう。


●フォークで皮に穴を開ける(とり肉)


皮の表面にフォークの先でブツブツと穴を開けます。

これは、火の通りと味をしみ込みやすくするためです。


●塩、コショウは焼く直前に!


塩、コショウをしてから、時間が経ってしまうと

水分が出てしまい、結果的に風味が悪くなります。


●皮の方から焼く(とり肉)


皮付きのとり肉は、必ず皮の方から焼きましょう。

身の方から焼くと、反り返ってしまい、見栄えも悪くなります。


●肉巻きは巻き終わりから焼き始める


タンパク質は熱によってかたまるため、

巻き終わりを下にして焼き始めると、

巻き終わりをくっつける役割をしてくれるので肉がはがれにくくなります。


【ハンバーグを焼く時のコツ】


●形を整えるとき中央をくぼませる


ご存知の方も多いと思いますが、焼くと中央から膨らむので、

形を整えるときに中央を少しくぼませると火の通りもよくなります。


●ふたをして蒸し焼きにする


まず、強火で両面に焼き色をつけてうまみを閉じ込めてから

ふたをして弱火にし、中まで火をとおします。

この時、赤ワインや水を加えると焦げつきを防げます。

料理別 調理方法のコツ

焼くのにも、弱火、強火など火加減によって
仕上がりが大分違ってきます。

下ごしらえのやり方ひとつでも仕上がりに
大きな差が出たりします。

かんたん おいしい レシピ の為には
このあたりもしっかりマスターしておきましょう!

このカテゴリ内の記事

煮物の下準備
煮る時(煮物)のコツ 
煮物の味つけと煮つけのコツ
炒め物の下準備
炒める時のコツ
肉中心の炒め物のコツ
魚中心の炒め物のコツ
野菜中心の炒めもののコツ
ご飯や麺中心の炒め物のコツ
炒め物の仕上げのポイント
焼き物のコツ
肉の種類・形状別の焼き方
卵を焼く時のコツ
揚げ物のコツ
天ぷら
から揚げ
フライ・素揚げ


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録