Top > 料理別 調理方法のコツ > 煮る時(煮物)のコツ 

煮る時(煮物)のコツ 

●材料に合った鍋を選ぶ


材料や煮汁の量を考えて鍋を選ぶことが大切です。


●鍋の大きさでだし汁や水の量を加減する


使う鍋の大きさでだし汁や水の量が多少変わってきます。

適量を覚えておきましょう。


【だし汁や水の量の目安】


「ひたひた」

材料がつかるかつからないかのところまで

だし汁(水)が入っている状態。


「かぶるくらい」

材料がすっかりつかるくらいにだし汁(水)が入っている状態


「たっぷり」
材料の1.5倍以上の量のだし汁(水)が入っている状態


●火加減のコツ


煮始めから本格的に煮るまでの火加減に気をつけましょう。


1、 最初は強火で煮る


材料とだし汁を入れたら初めは強火で、アクが出るまで煮立てます。


2、 アクを丁寧に取る


アクが出てきたら中火にして、アクが出なくなるまで丁寧に取る。

3、 落としぶたをして火を弱める

 
落としぶたをすることで、煮汁が均等に材料に回るようになります。

4、 しっかり味を含ませる


料理によっては煮詰める途中で味を含ませるために煮汁をかけたり

鍋返しをします。木べらなどを使って大きく混ぜてもよいでしょう。


やわらかい材料や薄味の煮ものなどは、

煮汁につけたまま冷まして味を含ませます。


【鍋返しのやり方】


鍋を持って、材料の上下を入れ替えるように大きく揺すり、

全体に味をからめます。

料理別 調理方法のコツ

焼くのにも、弱火、強火など火加減によって
仕上がりが大分違ってきます。

下ごしらえのやり方ひとつでも仕上がりに
大きな差が出たりします。

かんたん おいしい レシピ の為には
このあたりもしっかりマスターしておきましょう!

このカテゴリ内の記事

煮物の下準備
煮る時(煮物)のコツ 
煮物の味つけと煮つけのコツ
炒め物の下準備
炒める時のコツ
肉中心の炒め物のコツ
魚中心の炒め物のコツ
野菜中心の炒めもののコツ
ご飯や麺中心の炒め物のコツ
炒め物の仕上げのポイント
焼き物のコツ
肉の種類・形状別の焼き方
卵を焼く時のコツ
揚げ物のコツ
天ぷら
から揚げ
フライ・素揚げ


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録