Top > 調味料の種類と使い方 > 酢の効用

酢の効用

酢には、酸性に傾いた血液を

弱アルカリ性に改善する血液浄化作用があります。


健康的な体は、血液が弱アルカリ性に

保たれている状態になっています。


しかし、現代人の多くはストレスや不規則な生活などで

体が酸性に近づいていると言われています。


酸性気味の血液は、汚れた状態で

さまざまな病気を引き起こします。


酢には、こうした血液の状態を改善(浄化)する作用があります。

酢の力で、血液は酸性から弱アルカリ性へと改善していきます。


酢の成分の有機酸にはクエン酸というものが含まれています。

酢を摂取しているとこのクエン酸による”クエン酸サイクル”が

スムーズにいくようになります。


通常、食物中に含まれているブドウ糖は、細胞の中で燃やされて

エネルギーを作り出しますが、その時に完全に燃焼されなかった

燃えかすというのが発生します。


そしてこれが酸性物質として体内に残ると、体が酸性化してしまい

疲れやすい、疲労が残りやすいなどの症状が現れます。


”クエン酸サイクル”とは、この酸性物質を減らす燃焼循環で、

このサイクルがスムーズであると、体が理想的なアルカリ性に

近づいていきます。


肩こりの私はよく、酢を飲むようにすすめられますが、

なぜ酢が良いのか調べてみました。


酢には筋肉内の乳酸を分解し、

やわらかくする作用があるそうです。


この作用によって、肩こりの他、眼精疲労(目の疲れ)も

緩和されるようです。


また、酢には、悪玉コレステロールを分解し、余剰の栄養分が

脂肪になるのを防ぐ効果や腸の働きを良くし、

消化を助ける効果もあます。


これはダイエットにもってこいですね(^^)


さらに、殺菌力があり、病原菌を殺すので、

防腐・抗菌作用もあるという優れものです。

調味料の種類と使い方

砂糖、塩、醤油などの基本的なものから、香辛料やスパイス、
中華の調味料など・・・
わが国でも色々な調味料が出回っていますね。

これらの調味料の特性や使い方を覚えて、上手に活用し、
かんたん・おいしい料理の達人を目指しましょう!(o^∇^o)ノ

このカテゴリ内の記事

料理の基本『さしすせそ』
味付けの仕方
砂糖の種類と特徴
塩の種類と特徴
酢の種類と特徴
酢の効用
合わせ酢の作り方
醤油の種類と特徴
味噌の種類と特徴
酒の種類と特徴
みりんの種類と特徴
本みりんとみりん風調味料
香辛料・スパイスの種類と特徴
中華料理の調味料


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録