Top > 調味料の種類と使い方 > 酢の種類と特徴

酢の種類と特徴

●穀物酢


クセが無く、どんな料理にも合います。


●米酢


米が原料の酢。まろやかな酸味でこくがあり、

すし飯などに適しています。


●りんご酢


りんご果汁でりんご酒を造り、酢酸発酵させて作る酢です。


●ぶどう酢


ワインを発酵させたもので、白ブドウ酢・赤ブドウ酢がある。


●果実酢


りんご酢やぶどう酢などの果実を使用した酢。

柿酢やデーツ酢などもあります。


●ワインビネガー


分類では果実酢に分類されます。


ワインが酢酸発酵されてワインビネガーとなるので

ワイン特有の香りがあり、

ワイン同様に赤と白があります。


一般の穀物酢より酸度が高く、米酢よりも糖質が少ないため、

爽やかな感じがしますが、旨みやコクはありません。


●醸造酢


穀物酢と果実酢以外の酢。

穀類、甘酒など様々なものが原材料として使われています。


●合成酢


酢酸の希釈液に、化学調味料などで味付けをしたものです。


【酢の上手な使い方】


たんぱく質を固める働きがあります。

お鍋でゆで卵やポーチドエッグを作る際に酢を加えることで

殻にヒビが入ったりしても、白身が流すのを防げます。


防腐力と殺菌効果があるので、魚は酢で洗うと日持ちがよく、

ヌメリや臭みも取れます。


塩をふった魚を酢に漬けると、身がしまって旨味が出ます。


材料を柔らかくするので、小魚を煮るときに加えることで、

骨まで柔らかくなりやすくなります。


アクの強い野菜は、酢を入れた水に切って入れると

変色を防ぐ事ができます。


カリフラワーは酢を加えてゆでる事で、

白くきれいに茹で上がります。

調味料の種類と使い方

砂糖、塩、醤油などの基本的なものから、香辛料やスパイス、
中華の調味料など・・・
わが国でも色々な調味料が出回っていますね。

これらの調味料の特性や使い方を覚えて、上手に活用し、
かんたん・おいしい料理の達人を目指しましょう!(o^∇^o)ノ

このカテゴリ内の記事

料理の基本『さしすせそ』
味付けの仕方
砂糖の種類と特徴
塩の種類と特徴
酢の種類と特徴
酢の効用
合わせ酢の作り方
醤油の種類と特徴
味噌の種類と特徴
酒の種類と特徴
みりんの種類と特徴
本みりんとみりん風調味料
香辛料・スパイスの種類と特徴
中華料理の調味料


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録