Top > 調味料の種類と使い方 > 塩の種類と特徴

塩の種類と特徴

●食塩


塩化ナトリウム99%、マグネシウム、カリウム1%を含む。

料理の味付け全般に使われている一般的なお塩がこの食塩です。


●精製塩


食塩より粒子が細かい。サラサラで湿けにくい。


●粗塩


塩化ナトリウム、塩化マグネシウム、カルシウム、鉄分など

ミネラルを含みます。うま味があり、汁物や漬物に合います。


●岩塩


岩塩鉱で掘った塩。大粒で硬い。


●焼き塩


塩を250ー700℃で焼いた塩です。サラサラで固まりにくい。


●添加物塩


塩にビタミンやミネラルなどを添加し、成分を調整した塩です。

たくさん種類があります。


【塩の上手な使い方】


料理に素早く浸透するので、砂糖の後に加えること。


脱水作用があるので、野菜を塩水につけたり、もんだりして

水分を出して柔らかくすると、調味料がなじみやすくなります。


肉や魚は、塩をふってから焼くと、表面で固まり、

中の旨味が逃げません。


肉は焼く直前に、魚は30分ー1時間前にふっておくと、

水分や臭みを取ってくれます。


魚や貝のヌメリは塩水で洗い落とす。


里芋のヌメリも塩でもんで取ります。


緑色の野菜は、塩を加えてゆでることで色鮮やかになります。

塩の量は、1リットルの水に対して、大さじ一杯位が目安です。

調味料の種類と使い方

砂糖、塩、醤油などの基本的なものから、香辛料やスパイス、
中華の調味料など・・・
わが国でも色々な調味料が出回っていますね。

これらの調味料の特性や使い方を覚えて、上手に活用し、
かんたん・おいしい料理の達人を目指しましょう!(o^∇^o)ノ

このカテゴリ内の記事

料理の基本『さしすせそ』
味付けの仕方
砂糖の種類と特徴
塩の種類と特徴
酢の種類と特徴
酢の効用
合わせ酢の作り方
醤油の種類と特徴
味噌の種類と特徴
酒の種類と特徴
みりんの種類と特徴
本みりんとみりん風調味料
香辛料・スパイスの種類と特徴
中華料理の調味料


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録