Top > 調味料の種類と使い方 > 中華料理の調味料

中華料理の調味料

日本でも馴染みの深い中華料理について紹介します。


中華料理は中国東西南北の4地方に分けられます。

北が北京料理、東が上海料理、西が四川料理、南が広東料理です。  


●北京料理


油っこく濃厚な味付けが特徴。有名なのは北京ダック。


●上海料理


淡泊な味付けと甘辛く濃厚な味付けの2種類があります。

豚の角煮などが有名。


●四川料理


唐辛子を使った辛い味付けが特徴です。

麻婆豆腐などが有名。


●広東料理


塩味で淡白な味付けが特徴。

主に魚を使った料理が多いです。有名なのは八宝菜など。


【中華料理で使われる主な調味料】


●トウバンジャン (豆板醤)


中華料理の代表的な調味料の唐辛子味噌。


そら豆の胚乳と唐辛子を原料として作ったもの

四川省の生産量が多く、特に四川料理でよく使われる。

エビのチリソースやマーボー豆腐などには欠かせませんね^^。


●テンメンジャン (甜麺醤)


小麦粉を原料にした甘味噌。


日本の八丁味噌でも代用でき、砂糖、お酒、醤油を混ぜると

甜麺醤の出来上がり^^。

北京ダックや豚肉とキャベツの炒め物などによく使われています。


●オイスターソース(牡蠣油)


生牡蠣を塩水につけて発酵させ、上澄液をとったもの。


野菜炒めなど炒め物の味付けやチャーハンなどの隠し味に使うと

美味です^^。


●ジーマージャン (芝麻醤)


白ごまを炒って、油が出るくらいまで細かくすりつぶし、

ごま油とサラダ油、ねぎや生姜などを加えてなめらかに伸ばしたもの。

坦々麺やバンバンジーなどに。

調味料の種類と使い方

砂糖、塩、醤油などの基本的なものから、香辛料やスパイス、
中華の調味料など・・・
わが国でも色々な調味料が出回っていますね。

これらの調味料の特性や使い方を覚えて、上手に活用し、
かんたん・おいしい料理の達人を目指しましょう!(o^∇^o)ノ

このカテゴリ内の記事

料理の基本『さしすせそ』
味付けの仕方
砂糖の種類と特徴
塩の種類と特徴
酢の種類と特徴
酢の効用
合わせ酢の作り方
醤油の種類と特徴
味噌の種類と特徴
酒の種類と特徴
みりんの種類と特徴
本みりんとみりん風調味料
香辛料・スパイスの種類と特徴
中華料理の調味料


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録