Top > 調味料の種類と使い方 > 香辛料・スパイスの種類と特徴

香辛料・スパイスの種類と特徴

タイ料理・インド料理・スペイン料理などの料理を食べさせてくれる

お店が日本に何件もあるように、各国の料理が親しまれています。

各国の料理などで使用される香辛料やスパイス、ハーブを紹介します。


●コリアンダー(パクチー)


香菜。

タイでは「パクチー」中国では「シャンツァイ(香菜)」と呼ばれる

独特の匂いを持つ香辛料です。


特にタイ料理といえば「パクチー」を想いうかべる人も多いほどに

タイ料理にはよく使われています。


コリアンダーの抽出物には抗菌性があり、

その粉末は食材の腐敗を防ぐ作用があります。  


●ナムプラー (ナンプラー)


魚醤 ニョクマム しょっつる

ナム=汁 プラー=魚という語源

魚に塩を加えて腐敗を防止しながら発酵させた調味料。


日本では魚醤といい、秋田のしょっつるが同じような調味料です。

ベトナムではニョクマムと呼ばれています。


●レモングラス


レモンの香りが特徴的なイネ科のハーブ


根元はスープやカレーに、トムヤムクンの香りづけにも

使われています。


利尿、月経促進、消化促進などの効果があり。


●スイートチリソース


いったい甘いの?辛いの?と思われる方も多いと思いますが、

一瞬甘いようで後からじわじわ辛くなる・・・といった感じ

だと思います^^。


料理のつけだれとしてよく使われています。


●サフラン


鮮やかな黄金色になるスパイスで、きれいな色と独特の風味が特徴。


有名な料理にスペインのパエリアやインド料理のサフランライスが

あります。


●ターメリック


うこん。 熱帯アジア原産のショウガの根茎で、

独特の香りと苦味があります。

カレー粉の原材料で成分のクルクミンが黄色の色のもとになっています。


主に色をつけるために用いられ、インド料理で多く使われています。

臭みを消す効果があるので、魚貝のカレーなどを作るときには、

下ごしらえ時に魚貝にターメリックをまぶしておくと良いそうです。


●ガラムマサラ


インドのブレンドスパイスで、「マサラ」とはスパイスを混ぜたもの

という意味です。 


主にカレーなどの仕上げに加えて香りを出すのに使われていますが、

インドでは、各家庭ごとにこのガラムマサラを調合し、

様々な調理に使われています。

調味料の種類と使い方

砂糖、塩、醤油などの基本的なものから、香辛料やスパイス、
中華の調味料など・・・
わが国でも色々な調味料が出回っていますね。

これらの調味料の特性や使い方を覚えて、上手に活用し、
かんたん・おいしい料理の達人を目指しましょう!(o^∇^o)ノ

このカテゴリ内の記事

料理の基本『さしすせそ』
味付けの仕方
砂糖の種類と特徴
塩の種類と特徴
酢の種類と特徴
酢の効用
合わせ酢の作り方
醤油の種類と特徴
味噌の種類と特徴
酒の種類と特徴
みりんの種類と特徴
本みりんとみりん風調味料
香辛料・スパイスの種類と特徴
中華料理の調味料


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録