Top > 調味料の種類と使い方 > みりんの種類と特徴

みりんの種類と特徴

●本みりん


もち米、米麹、焼酎を醸造発酵させたもの。

上品な甘みと旨みを持っている。アルコール分14%前後。


●みりん風調味料


科学調味料や水あめを調合したもの。アルコール分1%未満。


【みりんの上手な使い方】


一度火にかけ、アルコール分を飛ばして使う。(本みりん)

照りや艶が出るので、魚の照焼には醤油と混ぜてタレにする。


みりんは、艶、照りを出すのに使います。

もちろん旨みもあります。


調理中、みりんを早めに入れると

艶、照り、味が落ちてしまいます。


このことからも、調理の仕上げぐらいに入れた方が、艶、照り、

味ともに生かされてくると思います。


【「本みりん」と「みりん風調味料」の違い】


先にも書いたように「本みりん」は、アルコール分を約14%

含むので、法律上では立派な「酒類」なんです。


ですので、「本みりん」は酒店や酒類を販売できるお店でしか

売られていないことにお気づきですか?!


一方の「みりん風調味料」は、本みりんのアルコール分を1%未満

に抑えた「非酒類」です。


この2つの大きな違いはアルコール度数といえるかと思います。

そして、原材料や製法が違うため、調味効果に大きな差が出てきます。


これだけ見ると、本みりんはアルコール分が高いから使いにくい

ように思われてしまう方もいるかもしれませんが、

基本的に、火を通してアルコール分をとばして使います。


調理の効果も「みりん風調味料」とは違ってきますので、

次の章でどんな違いがあるのか詳しく説明していきたいと思います。

調味料の種類と使い方

砂糖、塩、醤油などの基本的なものから、香辛料やスパイス、
中華の調味料など・・・
わが国でも色々な調味料が出回っていますね。

これらの調味料の特性や使い方を覚えて、上手に活用し、
かんたん・おいしい料理の達人を目指しましょう!(o^∇^o)ノ

このカテゴリ内の記事

料理の基本『さしすせそ』
味付けの仕方
砂糖の種類と特徴
塩の種類と特徴
酢の種類と特徴
酢の効用
合わせ酢の作り方
醤油の種類と特徴
味噌の種類と特徴
酒の種類と特徴
みりんの種類と特徴
本みりんとみりん風調味料
香辛料・スパイスの種類と特徴
中華料理の調味料


簡単・おいしい料理レシピの活用法メールセミナー 簡単料理レシピの極意を教えます簡単だけどおいしい料理を作りましょう!
【名字】
【メールアドレス】

調味料の種類と使い方
調味料の保存方法
料理別 調理方法のコツ
電子レンジ活用術!
素材選びと保存のコツ
【素材別】野菜の上手な保存法
【素材別】卵・乳製品の保存方法
【素材別】主食(米・パン・麺など)の保存方法
【素材別】加工食品の保存方法
【素材別】乾物の保存方法
裏技集
手作りレシピ集


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録